【知っておきたい】金融商品って?法令では、証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法(金商法)の条文により、定義している考え方である。この場合有価証券や外貨取引・金融デリバティブなどを組み入れて考える。
やはり金融の世界では、実体経済(具体的な対価がともなう経済活動)に対するような経済成長とかかわる実体面への投資をすることに最終的に立ち戻っていくのです。資産を大切に育てて長期投資で経済成長を資本投入で増強させていこうではありませんか。
市場の金利の高低に鋭敏な反応を示す取引しやすい金融商品ということなら、安全かつ確実に貯める貯蓄型の定期預金あるいは積立定期(積立ごとに満期を迎える)に代表される銀行預金あるいは個人向けの国債などといったところがあげることができる。
【金融用語】金融ビッグバン:我が国で橋本内閣が発足した1996年から21世紀最初の年となった2001年(平成13年)の間に展開された記憶に鮮明な金融制度全体にかかわるわが国では初めての金融制度の改革を表す経済用語なのです。
【重要】「仕手」って何のこと?一部の投資家が計画的に株式価格の値上げ(または値下げ)を実現させる卑劣な投機手段となり、この「仕手」は違法な行為なのだが、現実にはこの仕手が行われなくなることは無いと思われる。

なじみのあるバンクという言葉はbanco(イタリア語で机、ベンチ)に由来との説が有力。ヨーロッパ最古である銀行にはびっくり。西暦1400年頃(日本は室町時代)に豊かなジェノヴァ共和国で設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
【投資】外貨預金なら銀行で購入することができますが、一般的な円建ての預金の取り扱いとは異なって万が一金融機関が破綻した場合に、預金者等を保護するという目的の預金保険制度の保護の対象外。MMF(MMF:公社債(国債、社債など)や短期金融資産で運用される投資信託)は証券会社とかネット銀行等で購入可能なのだ。
意外かもしれないが、金融商品にかかわる全ての業務が金融商品取引法(旧証券取引法)の定めに則り、制限を受けているのではなくて、例外としては通貨を売買する取引(両替業務)についてということなら金融商品取引業の登録は要求されない。
投資によって利益を得ようとすれば、それなりのリスクも背負う必要があるが、盛り沢山な投資の種類や投資手段をきちんと選ぶ事で、一定の危険性の回避が可能でしょう。
【紹介】資産配分:許容可能なリスクの範囲に合わせて投入できる投資資金を特性が異なる少なくとも二種類以上の金融商品にそれぞれ行う投資方法のことを、アセットアロケーション(資産配分)と呼びます。

MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債であったり短期金融資産で運用し利益を得る投資信託です。注意が必要なのは、取得から日をおかず(30日未満)で解約した場合、手数料にはペナルティ分も必要となるというルール。
平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行が提供しているサービスについては従前の郵便貯金法に定められた「郵便貯金」の定義による取り扱いではなく、銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)での「預貯金」を適用したサービスということ。
【学習】コール市場という市場は、銀行間取引のうち短期金融市場の代表的なもの。この場合の「コール」は英単語の「call(呼ぶという意味)」で、呼べ(call)ばすぐに返ってくるというくらい短期間の取引をするため、この名で呼ばれているのです。
タンス預金の常識⇒物価上昇(つまりインフレ)の局面では、その上昇した分現金はお金としての価値が下がることを忘れてはいけない。すぐには暮らしに必要とは言えないお金だったら、安全で金利が付く商品にした方がよいだろう。
日本橋、兜町そのものと言える「世界三大市場」に挙げられることの多い東京証券取引所のすぐ隣のブロックに、平成14年にみずほ銀行第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の分割・合併により誕生した兜町支店が建っている。維新間もない明治6年、後に日本一の金融街となるこの場所にわが国初の国立銀行である「第一国立銀行」が設立。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13